利益を生み出せる

不動産の活用で利益をうむ

不動産は所有しているだけでは何のメリットもありません。なぜなら、不動産は持っているだけでも税金を支払わなければならないからです。市町村が課税する固定資産税は不動産の評価額に対して1.4%、都市計画税は評価額の0.3%の税率が一般的です。仮に、5000万円の評価額の土地を所有している場合、毎年1.7%、約85万円の税金がかかる計算になります。メリットがあるどころか大きな損失を毎年発生することになるのです。そこで、遊休地をどのように活用するかが重要になります。土地の状況にもよりますが、不動産の活用次第で大きな利益を生み出すのも事実ですので、検討の価値はあります。例えば、駐車場経営やアパート経営など、方法は様々です。

遊休地を活用する方法

遊んでいる土地の活用方法は様々ありますが、手っ取り早いのは売却してしまうことです。土地を持っているだけでは税金がかかるなどの損失が生じてしまいますから、売却してしまえば、現金に換えることができます。売却できるかどうか、また、満足できる金額で契約できるかどうかなどの問題もありますし、そもそも、先祖から伝来の土地であれば手放していいのかという道義的な観点からの判断も必要です。土地を手元に置くなら、駐車場経営が手軽です。立地条件によってきますが、駐車場経営であれば初期投資は少なくて済みます。また、借主さえいれば、固定資産税程度の利益は生み出せます。アパート経営など大規模な投資はできなくても、駐車場であればアスファルト舗装など小規模投資で始められるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加